MAKERS

161
ホームページを作り始めました

ホームページを作り始めました

松山工業株式会社の鵜久森洋生です。 私は毎週土曜日は、DMM.make AKIBAさんの公式マガジン「Makers」向けの投稿を続けています。 ホームページを作り始めました 今、ASU-KACHI PROJECTの公式ホームページを作っています。 DMM.make AKIBAさんのリニューアルに合わせ、9月上旬から公開出来ればと思っています。 これまでのリサイクル素材の無償提供活動については、情報発信の面では改善すべき点が多く、改善したいと思ってはいたものの、ほぼ私一

65
きゅんくんプロフィール

きゅんくんプロフィール

※随時更新 きゅんくん 肩書き: ロボティクスファッションクリエイター/メカエンジニア やってたこと(〜2013年): テクノロジーをテーマにした衣服制作 やってたこと(〜2016年): ファッションとして機能のないウェアラブルロボットを制作 やりたいこと(2018年〜): ファッションとしてのウェアラブルロボットを色々な人に装着していただいた時に「鳥が肩にいるような感じがする」「安心する」という感想をいただいた経験から、ウェアラブルロボットと人のインタラクションを研究し

29
落ち着いたら工場見学を開催します

落ち着いたら工場見学を開催します

松山工業株式会社の鵜久森洋生です。 私は毎週土曜日は、DMM.make AKIBAさんの公式マガジン「Makers」向けの投稿を続けています。 冬ごろには開催出来るでしょうか 今の状況下になって一番困っているのは、ある程度の人数を招待出来るリアルなイベントを開催出来ずにいること。 私は以前のnoteで書いた通り、ご縁を育む場として、様々なイベントの企画・運営をしているので、とても歯がゆい状態が続いています。 昨年はオンラインで、ロボットを作るワークショップを6回ほど開

59
活動報告08(2021年6月)

活動報告08(2021年6月)

プロジェクト薬箱「Python編(入門2)」  モノづくりでは、モノが出来上がっていく過程が見えるので、進捗状況を形で捉えることができる。一方、プログラミング等の学習においてその進捗状況は、テキストを読んだ分量で確認することになる。しかし分量と実力は比例する訳ではないので、実力が高まっているのか非常に不安になる。まさに、ミスチルの歌詞にある「孤独なレースが続いていく・・・」という状況だ。このような学習を、社会人が仕事の合間を見つけて進めるのは相当に困難だろう。ただし、学習する

8
昨日はアキバで

昨日はアキバで

松山工業株式会社の鵜久森洋生です。 私は毎週土曜日は、DMM.make AKIBAさんの公式マガジン「Makers」向けの投稿を続けています。 ASU-KACHI PROJECTの打ち合わせ *写真は3月に開催した、メーカーズ相談会で撮ったものです。 昨日はASU-KACHI PROJECTのメンバーがアキバ (DMM.make AKIBAさん)に集まって、今後のリサイクル素材の無償提供活動について考えました。 既報の通り、提供活動は継続が決定し、場所やキャビネット

54
7月9日15時から

7月9日15時から

松山工業株式会社の鵜久森洋生です。 私は毎週土曜日は、DMM.make AKIBAさんの公式マガジン「Makers」向けの投稿を続けています。 今回はDMM.make AKIBAの会員の皆様向けの情報です。 リサイクルコーナー検討会 来週7月9日15時から、12階のF1付近で、素材提供者が集まることになっています。9月以降のリサイクル素材コーナーをどうするかを検討します。 以前お伝えした通り、リサイクル素材のコーナーは存続が決定しています。 今回はお借りするキャビネ

52