MAKERS

161
ホームページを作り始めました

ホームページを作り始めました

松山工業株式会社の鵜久森洋生です。 私は毎週土曜日は、DMM.make AKIBAさんの公式マガジン「Makers」向けの投稿を続けています。 ホームページを作り始めました 今、ASU-KACHI PROJECTの公式ホームページを作っています。 DMM.make AKIBAさんのリニューアルに合わせ、9月上旬から公開出来ればと思っています。 これまでのリサイクル素材の無償提供活動については、情報発信の面では改善すべき点が多く、改善したいと思ってはいたものの、ほぼ私一

14
昨日はアキバで

昨日はアキバで

松山工業株式会社の鵜久森洋生です。 私は毎週土曜日は、DMM.make AKIBAさんの公式マガジン「Makers」向けの投稿を続けています。 ASU-KACHI PROJECTの打ち合わせ *写真は3月に開催した、メーカーズ相談会で撮ったものです。 昨日はASU-KACHI PROJECTのメンバーがアキバ (DMM.make AKIBAさん)に集まって、今後のリサイクル素材の無償提供活動について考えました。 既報の通り、提供活動は継続が決定し、場所やキャビネット

54
7月9日15時から

7月9日15時から

松山工業株式会社の鵜久森洋生です。 私は毎週土曜日は、DMM.make AKIBAさんの公式マガジン「Makers」向けの投稿を続けています。 今回はDMM.make AKIBAの会員の皆様向けの情報です。 リサイクルコーナー検討会 来週7月9日15時から、12階のF1付近で、素材提供者が集まることになっています。9月以降のリサイクル素材コーナーをどうするかを検討します。 以前お伝えした通り、リサイクル素材のコーナーは存続が決定しています。 今回はお借りするキャビネ

51
再開が待ち遠しい「つながる交流会」

再開が待ち遠しい「つながる交流会」

松山工業株式会社の鵜久森洋生です。 私は毎週土曜日は、DMM.make AKIBAさんの公式マガジン「Makers」向けの投稿を続けています。 本当に人とのご縁がつながる交流会 今のこの状況になって寂しいのは、DMM.make AKIBAの「つながる交流会」が開催されていないこと。補足しておくと、リアルな開催が出来ていないということです。もう、1年以上開催されていない状況下、本当に待ち遠しいイベントです。 昨年、同じようなnoteを書きましたが、あれから半年以上経ち、あ

49
キャビネットを受け継ぎます

キャビネットを受け継ぎます

松山工業株式会社の鵜久森洋生です。 私は毎週土曜日は、DMM.make AKIBAさんの公式マガジン「Makers」向けの投稿を続けています。 このキャビネットを受け継ぎます 先週お伝えした通り、9月以降もDMM.make AKIBAさんでリサイクル素材の提供を続けることになりました。提供場所は現在のF1のカウンター近くに決まり、スペース的にはこれまでとほぼ同じ資材量を置けそうな感じです。 現状はハンダやツールボックスを収納している、写真のツールボックスを貸していただ

29
リサイクル素材の供給を続けます!

リサイクル素材の供給を続けます!

松山工業株式会社の鵜久森洋生です。 私は毎週土曜日は、DMM.make AKIBAさんの公式マガジン「Makers」向けの投稿を続けています。 リサイクル素材の供給を続けます6月9日にDMM.make AKIBAの皆様と協議を行ない、9月以降もリサイクル素材の無償提供活動が続けられることになりました。 まずは関係者の皆様に、ありがとうと感謝の言葉を述べたいと思います。 しかも、今回はスタッフの方々があの場所を残す前提で動いてくださっていたことも知り、大変嬉しく思いました。

25
DMM.make AKIBAで静電気対策をして感動した話

DMM.make AKIBAで静電気対策をして感動した話

先日DMM.make AKIBAのStudioが8月末に終了する、という悲しいニュースが飛び込んできましたが、このニュースを知るちょっと前に「DMM.make AKIBA最高!!」と思うことがありましたので、「こんなに素晴らしい場所だったんだよ!」「もったいない!」ということを伝えるためにこの記事を書いていきます。 ある製品の試作をしていて、静電気によってマイコンのGPIOピンが損傷したらしいことがわかり、静電気対策を施そうと考えました。 DMM.make AKIBAのS

24
アキバのリリース、チェックしましょう

アキバのリリース、チェックしましょう

松山工業株式会社の鵜久森洋生です。 私は毎週土曜日は、DMM.make AKIBAさんの公式マガジン「Makers」向けの投稿を続けています。 9月以降の体制が発表になりました 気になっていた、DMM.make AKIBAさんの9月以降の体制が発表になりました。特に、まだチェックしていない・・・という会員の方は「こちら」をチェックされた方が良いかと思います。12Fのレイアウト、移設される機材について書かれています。 レイアウトについてですが、ロッカールームが工房に。そ

6
まさに「爆誕」の現場

まさに「爆誕」の現場

松山工業株式会社の鵜久森洋生です。 私は毎週土曜日は、DMM.make AKIBAさんの公式マガジン「Makers」向けの投稿を続けています。 会員企業の成長を間近で見続ける私がDMM.make AKIBAに行き始めたのは、オープンして半年が過ぎた頃です。少し変わったつながり方ではありましたが、それ以来交流が続いています。当初は、メディアで見たことがあるような方がいっぱいいて、煌びやかで近寄り難い世界に見えたアキバ。 偶然、ロボコンで知り合った学生チームがスカラーシップを

13
サポートする側として

サポートする側として

松山工業株式会社の鵜久森洋生です。 私は毎週土曜日は、DMM.make AKIBAさんの公式マガジン「Makers」向けの投稿を続けています。 8月末以降のこと 先日発表された、DMM.make AKIBAの10Fエリアの業務終了については、以前のnoteでも触れましたが、それ以降も様々な想定をし続けています。 現時点でどの機材が残るのかが分かっていないので、公式発表を待ちたいと思っています。ただ、知り合いの方々とも情報交換をしつつ考えてみたところ、どのエリアの機材も代

10