MAKERS

161
3DスキャンデータをMeshmixerで加工して3Dプリントできるデータにする

3DスキャンデータをMeshmixerで加工して3Dプリントできるデータにする

スキャンデータはそのままでは3Dプリントできるとは限りません。 そこで、データを確認、加工してから、3Dプリントしていきたいと思います。その際に、便利なのがフリーソフトのMeshmixerです。 Meshmixer ⓵スキャンデータを確認 Meshmixerを立ち上げて、ファイル>インポート>スキャンファイルを選択 上記は、石のスキャン例。 ②原点に移動する 上記の画像のように、スキャンデータは当初あらぬ場所にあることが多いので、原点=(xyz 0 0 0 )付近に

7
iPhone12 Proで3Dスキャンする

iPhone12 Proで3Dスキャンする

スナップ写真を撮る感覚で、気になった路上のものを3Dスキャンしたい。そう思って、iPhone 12 Proを購入しました。今までも、いろいろな3Dスキャナーを使用してきましたが、iPhoneでの3Dスキャンは手軽さの点で革命的だと思います。 LiDAR(ライダー)とは (iPhone 12 Pro 画像引用元:Apple website) iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max」、iPad Proには、背面のカメラ部分に「LiDAR(ライダー)

9
3Dプリント出力時の設定

3Dプリント出力時の設定

前回に続いて、3Dプリントについて、紹介したいと思います。 この記事では3Dプリンタの中でも、家庭用プリンタに最も一般的なFDMに絞って解説します。(FDMについては、前回の記事を参照ください。) サポート材とは プリント時に樹脂を積層していくにあたり、空中に樹脂をとどまらせることはできないため、「支え」が必要になります。その支えを「サポート材」と呼びます。 上(図1):プリントしたいモデル(サポート材を非表示にした状態) 下(図2):サポート材つきのモデル 白い柱のよ

13
3Dプリント

3Dプリント

前回、前々回と、データづくりについて説明してきたので、今回は3Dプリントについて書こうと思います。 3Dプリントはデータさえあれば、前回の記事で紹介したように、DMM.makeの3Dプリントサービスなど、オンラインで各所に発注することが可能です。 ただし、即日欲しい時、調整を自分で行いたい時などを考えると自分で3Dプリントできると、やはり便利です。 私は現在、Adventurer3という機種をDMM.make AKIBAで愛用しています。 ※ 詳しくはコチラ 3Dプリン

8
モノづくりログ 3Dプリント用のデータを準備するときの注意点

モノづくりログ 3Dプリント用のデータを準備するときの注意点

こんにちは、AKI INOMATAです。 少し間があいてしまいましたが、モノづくりログ2回目になります。 前回、3Dスキャンしたデータを3Dプリントしたい場合、何をすればよいのか。 その最初のステップとして、3Dスキャンしたデータの取り扱いとチェックポイントについて書いていきたいと思います。少し内容的には地味なのですが、ここをクリアしないと3Dプリントできないので...! まず、前回スキャンしたデータを「STLファイル」として保存しましたが、これは特に3Dプリントする場合

10
モノづくりログ 3Dスキャナー

モノづくりログ 3Dスキャナー

こんにちは、美術家のAKI INOMATAです。 DMM.make AKIBAのスカラシップの報告として連載していたモノづくりログですが、noteに場所を変えて再開することになりました。 というか、完全に更新が滞っていました。すみません…! 2020年3月より、月1連載となります。よろしくお願いします。 さて、今回はDMM.make AKIBAで私が多用している3種類の3Dスキャナーについて紹介します。 ↑ ビーバーがかじった木を3Dスキャンしたデータです。 ↓ スキ

29