STARTUPS

152
工場訪問Day

工場訪問Day

こんにちは。Manufacの増井です。 東京は昨日から一気に寒くなり、クーラーを止め、薄手の長袖で過ごしています。皆さんも体調を崩さぬようにお気を付けください。 今回は先日伺った特殊ガラス工場のお話を少し。 金属関係の工場には馴染みがあるのですが、ガラス工場へ行くのは 初めてでした。敢えて機械は多く入れず、手作業での加工を大切にしている 工場で、職人さんの技術がホントに凄い! 熱さ50mmくらいなら、簡単に手作業で真っすぐにカットしちゃいます。 ホントに一瞬、パキッて真っ

スキ
3
Manufacのサービスについて

Manufacのサービスについて

こんにちは! 最近、スコールの様な大雨が降るタイミングに限って外にいる事が多いので、雨女になったのでは・・と不安になってます。 今回の投稿は私達、Manufacのサービスについてご紹介します。 Manufacのコンセプトは「町工場×∞」。 そして、コア事業として今立ち上げ真っ最中なのが・・・ 【技術百貨】です!!(なんやねん、ソレ・・ 商品の様に技術が買えるプラットフォームを作っております。 やーっと来月β版がリリースできそうです。 モノが欲しい時、 商品を買う、オー

スキ
7
"細胞の辞書"をつくりAIで解析。誰もが納得できる医療への挑戦。|CYBO

"細胞の辞書"をつくりAIで解析。誰もが納得できる医療への挑戦。|CYBO

起業当初からDMM.make AKIBAに入居し開発を行う東大発スタートアップの株式会社CYBO(サイボ)はAIとビッグデータを活用し細胞の診断や解析、加工などのソリューションを提供しています。 今回はCYBOの3名に事業や開発についてお話を伺いました。 (左から) 新田 尚(にった・なお)さん 株式会社CYBO / 代表取締役 杉村 武昭(すぎむら・たけあき)さん 株式会社CYBO / 開発部長 兼松 美貴(かねまつ・みき)さん 株式会社CYBO 細胞は生物の基本

スキ
6
重厚長大産業にデジタル技術を。地方企業が挑む変化への第一歩。|イワキテック

重厚長大産業にデジタル技術を。地方企業が挑む変化への第一歩。|イワキテック

DMM.make AKIBAは、約5億円を投資し揃えたハードウェア開発用機材と、技術やビジネス面でサポートするスタッフ備えた日本最大級のモノづくり施設です。 DMM.make AKIBAでは施設の運営だけでなく研修やスタートアップ企業とのマッチング、教育を通した企業のデジタル化の推進をサポートしています。 今回はDMM.make AKIBAを通して変化への一歩を踏み出したイワキテック株式会社にお話を伺いました。イワキテック株式会社は船の貨物を雨や波から守る「ハッチカバー」

スキ
9
知的財産のプロに聞く、ハードウェアスタートアップが気をつけるべきこと。

知的財産のプロに聞く、ハードウェアスタートアップが気をつけるべきこと。

DMM.make AKIBAでは会員(Drop-in会員を除く)が設計・開発、事業計画、知的財産など各領域におけるプロフェッショナルに無料で相談ができる「メイカーズ相談会」を提供しています。 今回はコミュニティマネージャーの浅田が、メイカーズ相談会にご協力いただいている特許法人 白坂の創業者で弁理士の白坂 一さんにスタートアップの知的財産についてお話を伺いました。 白坂 一(しらさか・はじめ)さん 特許法人 白坂 / 創業弁理士 株式会社AI Samurai / 代表取締

スキ
12
自然が相手だからこそ面白い。AIロボットでイチゴの全自動栽培へ。|HarvestX

自然が相手だからこそ面白い。AIロボットでイチゴの全自動栽培へ。|HarvestX

「スマート農業」や「アグリテック」(農業「Agriculture」と技術「Technology」の造語)と呼ばれる、農業にロボットやAI、IoTなどのテクノロジーを取り入れた新しい生産方法が国内でも普及しつつあります。 中でも植物工場で生産された葉物野菜は、大手コンビニチェーンなどで販売されている"カット野菜"として消費者にも身近な存在となっています。 今回はDMM.make AKIBAが提供するインセプションプログラム「スタートライン」のメンバーでイチゴの全自動栽培に挑

スキ
14
1月、6つのチームが仲間入りしました。

1月、6つのチームが仲間入りしました。

インセプションプログラム「スタートライン」について。 DMM.make AKIBAでは、活動初期のスタートアップやクリエイターを支援するため、一定期間施設を無料で利用できるインセプションプログラム「スタートライン」を提供しております。 ▼詳しくはこちら▼ 今回は、1月から「スタートライン」のメンバーとして活動を始めた6チームをご紹介します! ●フューチャーカラーマテリアルズフューチャーカラーマテリアルズは世界初の温度検知ゲル「Thermo Tracker(サーモトラッ

スキ
7
【イベントレポ】地方自治体と企業が感じる働き方の変化とこれから。

【イベントレポ】地方自治体と企業が感じる働き方の変化とこれから。

DMM.comは2019年より「DMM 地方創生」として地方創生事業に参入しています。 12月14日(月)にDMM.make AKIBAを通じて京都府 舞鶴市と共催でオンラインイベントを開催しました。 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、ますます柔軟な働き方が求められるようになりました。 地方自治体ではこの変化に合わせ、従来の移住・定住に加えて「サテライトオフィス」や「ワーケーション」の場として人や企業を誘致する動きがより一層活発になっています。 そこで今回は、実際に柔

スキ
1
12月、6つのチームが仲間入りしました。

12月、6つのチームが仲間入りしました。

インセプションプログラム「スタートライン」について。 DMM.make AKIBAでは、活動初期のスタートアップやクリエイターを支援するため、一定期間施設を無料で利用できるインセプションプログラム「スタートライン」を提供しております。 ▼詳しくはこちら▼ 今回は、12月から「スタートライン」のメンバーとして活動を始めた6チームをご紹介します! ●中䑓 久和巨(なかだい・ひさなお) 中䑓さんは主にアニマトロニクス(「アニメーション」と「エレクトロニクス」の造語で生物を模

スキ
13
大喜利ゲーム「It's Alive!」 開発秘話(1)

大喜利ゲーム「It's Alive!」 開発秘話(1)

Studio PLAYFOOLのSakiです。遊びを通して、個々人の想像力や創造力を育むことをミッションに、日々ものづくりに励んでます。2018年から本格的に活動を初め、デザインとエンジニアリングとを掛け合わせた私たちのプロジェクトは、国内外で高い評価を頂いています。 最新のプロジェクト「It' Alive!」も、私たちのデザインスタジオとしてのミッションの通り、個々人の想像力を育むことを目的にしたプロダクトです。が、今回は、ハードウェアではなく、ゲームデザインに挑戦してい

スキ
3