STARTUPS

152
Manufacのサービスについて

Manufacのサービスについて

こんにちは! 最近、スコールの様な大雨が降るタイミングに限って外にいる事が多いので、雨女になったのでは・・と不安になってます。 今回の投稿は私達、Manufacのサービスについてご紹介します。 Manufacのコンセプトは「町工場×∞」。 そして、コア事業として今立ち上げ真っ最中なのが・・・ 【技術百貨】です!!(なんやねん、ソレ・・ 商品の様に技術が買えるプラットフォームを作っております。 やーっと来月β版がリリースできそうです。 モノが欲しい時、 商品を買う、オー

スキ
7
eスポーツスタートアップが事業に失敗して資金ショートしたらどうなった? その4 最終回

eスポーツスタートアップが事業に失敗して資金ショートしたらどうなった? その4 最終回

その3でお話しした両足型事業。確実な事業成長を実行、などと書きましたが、実際はお金がないのでやれることが限られていただけですね。やりたいことは全部置いといて、やれることだけを必死にやってました。無報酬状態が半年以上続き、正直僕ら役員二人はかなり限界まで来ていました。二人とも家族持ちで子供もいますからね。生活にもお金はかかります。恥ずかしながらクレジットのキャッシング額も膨らんで行き満額になっていったのです。そんなギリギリから反転するところが今日の話です。 あ、無報酬の話は家族

スキ
22
eスポーツスタートアップが事業に失敗して資金ショートしたらどうなった? その3

eスポーツスタートアップが事業に失敗して資金ショートしたらどうなった? その3

さて、今日は日本初のeスポーツ専門トレーニングジムである「eスポーツジム」の開業3日目でした。今日も開店時間から来てくれたお客さん、都度会員で登録してきてくれたけど、帰った時は月額会員になってくれたお客さんと、とても嬉しい限りでした。 PC4台で仮説検証してた時と同じ、手触り感抜群の笑顔が目の前にありました。ありがとうございます。感謝感謝🥲 コロナに負けない事業の構築eスポーツジムのニーズを確信したタイミングでコロナ襲来。オフライン事業は窮地に追いやられました。いや、正確に

スキ
9
eスポーツスタートアップが事業に失敗して資金ショートしたらどうなった? その2

eスポーツスタートアップが事業に失敗して資金ショートしたらどうなった? その2

これまでの話 昨年3月には資金ショートした話まで書いた。それでも僕らは進めるのを辞めなかった。とりあえずお金は全く無かったが、やりたいことは明確だった。eスポーツを通して人の可能性を広げる、そんなサービスを作り出したい。その想いだけがあった。 eスポーツジムはゲームセンターの系譜なんですその時の僕らはeスポーツジム事業というのを進めていた。eスポーツジムという施設をつくり、付近の人たちがそこでトレーニングしたり、練習試合したり、ただeスポーツゲームするだけでなく、そこに集う

スキ
17
eスポーツスタートアップが事業に失敗して資金ショートしたらどうなった?

eスポーツスタートアップが事業に失敗して資金ショートしたらどうなった?

はじめにこんにちは、eスポーツ教育スタートアップ ゲシピCEOの真鍋です。 タイトルで煽っておいて即ネタバレのようですが、今日2021年6月28日はまさにゲシピの第二創業日、そしてeスポーツ教育が当たり前になるはじまりの日。 ゲシピが運営する日本初のeスポーツ専門トレーニング施設「eスポーツジム™️」のグランドオープンの日であり、そんなゲシピの第二創業を支援いただく投資家による出資の着金日でした。 そんな記念すべき日だからこそ記録に残しておきたい、そんな想いで今日のnote

スキ
33
起業とは、事業と法人と起業家個人を1本で繋ぐストーリーテリング

起業とは、事業と法人と起業家個人を1本で繋ぐストーリーテリング

note初めて書きます。昨夜衝撃的なウエビナーに参加しまして、居ても立っても居られずに初note。 小原さんがやってるスタートパスという起業家支援サービスに加入していまして、週一くらいでメンバー限定のクローズドなウエビナーが催されます。 主に資金調達を決めたばかりの起業家や、その起業家に投資した投資家が登場し、両側面からの見え方を理解できる大変有用な機会です。(勿論、他にも法務観点やマーケティング観点などさまざまなウエビナーがあります) 今回参加したウエビナーは、ZOZ

スキ
7