STARTUPS

130
カラヤブ!β 第一回イベントレポート

カラヤブ!β 第一回イベントレポート

秋葉原富士ソフトビルの一室で、先日めでたくさえずりの新事業、「カラヤブ!」のMVP検証を実施! 参加してくれた高校生たちにも大好評をいただき、無事にイベントを終える事が出来ました!! イベントは大きく二部に分かれており、前半部は写真のようにDMM.make AKIBAのジャッジルームをお借りして、講義とアイスブレイクを兼ねたゲームの企画を用意。 通常オンラインプレイが前提であるが故に、昨今は同じ空間でゲームをして遊ぶ機会が減っている中、(感染対策を万全にした上で)肩を並

3
事例から学ぶ大企業とスタートアップのサービス開発プロセス。

事例から学ぶ大企業とスタートアップのサービス開発プロセス。

オープン6周年を迎えたDMM.make AKIBAは、スタートアップ150社を含む600社、4,000名以上の会員、スポンサー企業、地方自治体、国内外のパートナー機関、ベンチャーキャピタルなどを含む広いネットワーク・コミュニティを形成しています。 中でも、新しいビジネスを始めようとしている方や始めたばかりの方に多くご利用いただいています。 そこで今回はゲストスピーカーをお招きし、サービスの開発プロセスにフォーカスしたオンラインイベントを昨年12月17日(木)に開催しました

18
【イベントレポ】地方自治体と企業が感じる働き方の変化とこれから。

【イベントレポ】地方自治体と企業が感じる働き方の変化とこれから。

DMM.comは2019年より「DMM 地方創生」として地方創生事業に参入しています。 12月14日(月)にDMM.make AKIBAを通じて京都府 舞鶴市と共催でオンラインイベントを開催しました。 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、ますます柔軟な働き方が求められるようになりました。 地方自治体ではこの変化に合わせ、従来の移住・定住に加えて「サテライトオフィス」や「ワーケーション」の場として人や企業を誘致する動きがより一層活発になっています。 そこで今回は、実際に柔

1
【イベントレポ】 1から始めるスタートアップのnote発信術。

【イベントレポ】 1から始めるスタートアップのnote発信術。

なぜ開催したのか。 DMM.make AKIBA(以下、AKIBA)は600社/4000名以上の会員が活動する日本最大級の総合型モノづくり施設です。 AKIBAはnote株式会社と連携し、会員(Drop-in会員を除く)の皆さまが「noteプレミアム」を1年間無料で利用することができます。 AKIBA公式noteでは会員の皆さまによる投稿も読めるようになっています。 会員のスタートアップの方から「どのように運用していったらよいのか?」「会社のオウンドメディアとして続け

8
【イベントレポ】ポストコロナ時代のSDGsとスタートアップ。

【イベントレポ】ポストコロナ時代のSDGsとスタートアップ。

なぜ開催したのか。 DMM.make AKIBA(以下、AKIBA)は600社/4000名以上の会員が活動する日本最大級の総合型モノづくり施設です。 AKIBAでは社会課題の解決に立ち向かうスタートアップも多く活動していることもあり、SDGsについて耳にすることも多くあります。 しかし、実際にSDGsに取り組んでいる企業はそう多くありません。これはAKIBAで活動する企業に関わらず、スタートアップはSDGsへの対応が後回しになっていることが多いのではないか?そう思ったこ

16
【イベントレポ 後編】資生堂×DMM.make AKIBA×スタートアップ|ポストコロナ時代の美容業界。

【イベントレポ 後編】資生堂×DMM.make AKIBA×スタートアップ|ポストコロナ時代の美容業界。

DMM.make AKIBAでは、新型コロナ影響下の美容業界の未来について考えるオンラインイベント「資生堂 × DMM.make AKIBA × スタートアップ〜ポストコロナ、美とイノベーションどう変わる?~」を6月25日に開催しました。 イベントレポート前編では資生堂のオープンイノベーションについて、そして新型コロナウイルスによる美容業界への影響サマリーをまとめました。 後編のこのnoteでは、注目のスタートアップを招いて行なったパネルディスカッション「スタートアップと

20
【イベントレポ 前編】資生堂×DMM.make AKIBA×スタートアップ|ポストコロナ時代の美容業界。

【イベントレポ 前編】資生堂×DMM.make AKIBA×スタートアップ|ポストコロナ時代の美容業界。

なぜ開催したのか。 DMM.make AKIBA(以下、AKIBA)は2014年、合同会社DMM.comの事業として秋葉原に誕生した日本最大級のモノづくり施設を基盤とした課題解決型プラットフォームです。 6年目を迎え、現在600社/4,000名以上の会員の皆さんが活動中です。個人のクリエイター、スタートアップ、中小企業から大企業まで幅広い方が利用していて、日々プロダクト開発やプロトタイピングを行なっています。 ▼AKIBAについて コロナウイルス感染拡大で外出自粛が余

14